カートを見る

今売れている炭酸ガスパックの決定版!ランキング上位アヴィナスジェルパックは炭酸ガスの力で若々しいお肌に!ぜひ、その効果を実感して下さい!

~夏の紫外線による肌ダメージと秋のスキンケアについて~

 atop-1-7

秋は気候が穏やかで、とても過ごしやすい季節です。

しかし季節の変わり目でもある秋の肌は、夏の紫外線による肌ダメージが残っている状態にあります。

そのため夏の紫外線が引き起こす肌トラブルを知り、正しい秋のスキンケアを知ることが大事です♪

 

 

◆夏の紫外線が引き起こす肌トラブルは・・・

【シミ・ソバカスなどの色素沈着】

unnamed

夏の紫外線によるメラニン生成の活発化により、秋の肌にはシミ・ソバカスなどの色素沈着が潜んでいます。

健康的な状態であれば、紫外線が少なくなるにつれて、生成されたメラニンは新陳代謝とともに排出されていきます。

ただし、肌の状態が不安定だと、生成されたメラニンがそのまま肌内部に残り、 シミ・ソバカスなどの色素沈着となってしまいます。

 

【肌乾燥】

200120_kansou_02

秋になると、乾燥したようなカサカサ感や、肌が厚く硬くなったようなゴワゴワ感を感じることがあります。

これは、夏に紫外線を浴びた際、肌が紫外線のダメージを肌内部に侵入させないようにターンオーバーのスピードを速めた結果、肌の表面を構成している角層細胞が積み重なってしまうことが原因です。

また、肌のカサカサ感やゴワゴワ感の自覚がなくても、夏の紫外線は、肌の保湿機能やバリア機能を低下させています。

 

 

◆秋のスキンケア

image02

秋の肌を健やかに保つためには、どのような点に注意してスキンケアをすれば良いのでしょうか。

一番のポイントは、スキンケアによる保湿をしっかり行い、肌を潤いで満たし、バリア機能やターンオーバーの乱れを整えることです。夏の紫外線により、それらの機能が乱れた肌は潤いをキープする力が衰えているので、時間をかけて、たっぷりの化粧水で肌を満たし、クリームで肌に潤いがキープできるようフタをしてください。化粧水やクリームをつけた後に手のひらで顔全体をおおい、じっくり浸透させることによって、バリア機能が乱れた肌でも、『潤いキープ力』がグンとアップします。また、透明感が生まれ、より早く夏のダメージケア効果が実感できます。

 

いかがでしたか?

“肌を潤いで満たす”ことを意識して、夏の紫外線ダメージをケアし、本格的な乾燥が始まるこれからの季節に備えてくださいね♪