カートを見る

今売れている炭酸ガスパックの決定版!ランキング上位アヴィナスジェルパックは炭酸ガスの力で若々しいお肌に!ぜひ、その効果を実感して下さい!

いよいよ冬本番!うるおいボディケアについて~

column200129_06

秋が終わりを迎え、いよいよ冬の始まりです。

この時期になると、身体がカサつき かゆくなりやすい、という方が多くいらっしゃいます。

実は、顔と体の肌は同じ皮膚組織でできているため、空気が乾燥すると、お顔だけではなく体全身も乾燥してくるのです。

「お顔の保湿は入念にしているけれど、ボディケアはあまり・・・」という方も多いでしょう。
冬でも乾燥知らずのうるおいボディを保つために、今回は冬のカサカサ・かゆみ肌を防ぐボディケアと対策についてご紹介します♪

 

 

◆かゆみ肌のメカニズム

1603267226408

肌の表面には、刺激から肌を守る働きと、うるおいを保つ働きをする「角質層」があります。

乾燥がひどくなると、この角質層に含まれる水分と脂質が低下し、細胞間にすきまが生じて角質層のバリア機能が壊れてしまうため、外部からの刺激に反応しやすい肌状態になります。

 

1603266492574

かゆみを伝える神経は「C-線維」と呼ばれ、健康な肌の場合、皮膚の表皮と真皮の境界部にとどまっています。しかし、肌状態が悪化すると、角層のすぐ下、すなわち体の表面近くまで伸びてきます。

その結果、肌は更に敏感になり、わずかな刺激でもかゆみを感じるようになるのです。

 

 

◆うるおいボディケア・対策

【入浴時】

shutterstock_1404207863-690x344

入浴は、38~40度の湯船に20~30分ほど浸かる事がポイントです。身体が芯から温まることで血行が促進され、リラックス効果も得られるのでおすすめです。

健康に良いとされる長時間の入浴も、やりすぎは身体を乾燥させる原因になるので要注意です。
半身浴などを行う際には、全身を保湿するバブルローションなどを浴槽に混ぜると良いでしょう。また、水分補給も心掛けるようにしましょう。

 

【入浴後はできるだけ早く保湿ケアを】

Body Care

入浴直後は、肌の水分が急速に蒸発し、身体が最も乾燥しやすくなる危険な時間です。

そんな入浴直後のポイントは、素早い拭き取りと保湿が大切です。
肌に水滴が残らないようしっかりとタオルで拭き取り、ボディローションやクリームを全身になじませましょう。
肌を素手でこすらないよう、たっぷりの保湿剤を手に取り、優しいタッチで塗り込んでください。

 

【体を冷やさない】

iStock-960213848__1_

冬にお肌が乾燥するのは、気温の低下と空気の乾燥によって、お肌の代謝や血行が悪くなるためです。そのため、冬の乾燥肌対策には「体を冷やさないこと」がとても大切です。

特に、首元・お腹・足首には太い血管が通っているので、冷たい外気に触れると熱を奪われやすい場所です。マフラーや腹巻き、靴下などを活用し、温かくしておきましょう。

 

いかがでしたか?

身体は顔に比べると、どうしてもお手入れを後まわしにしがちです。しかしダメージを受けやすい冬こそケアを怠らないようにして、いつでもしっとり うるおいのある女性らしい素肌を手に入れ、快適な冬を過ごしてくださいね♪